Excel+DBで大容量化

Excel+DB=多人数共有/高速・大容量化

Excelの使い勝手のまま、100万件単位の大量データを高速処理

実は、Accessより高速・大規模なExcel、できます

本来、コンピュータの処理は、「入出力の画面」「そこから投入された情報を加工するロジック」「処理に使用するデータ」の3つの要素からできています。このうち、データ部分を外部に切り分けることで、多くのメリットが生じます。

例えば、

  • データ処理が得意なDB(データベース)サーバに分離することで、高速・大容量化が容易に図れる
  • Excelが苦手なデータ加工処理でも、データベースサーバなら容易に実現可能
  • 複数名で同時に利用可能になる
  • データのみを分離してDB側で集中的に管理できるので、セキュリティの確保が容易

このように、データベースとExcelを組み合わせることで、Access単体よりもはるかに高速・大容量なシステムが実現できます。

過去に当社が手がけた例では、年間1000万件のデータ管理を、Excel+DB方式で実現しています。

実は、意外と低コスト

巨大なデータベースでなければ、簡単なデータベースの導入コストは意外と安く、数万円~十数万円で済みます。
また、Accessを買うだけでも¥15,000程度はしますし、場合によっては人数分のライセンスが必要になることを考えると、既存Excelのライセンスだけで済む「Excel+DB」方式は、初期投資を抑えられます。

今お使いのExcelを、DB(データベース)連動化

「データが多すぎて重い」「複数人で登録したいが、壊れやすい」といったExcelファイルは、データ部分を分離してDB化することで、軽量化・高速化が図れます。

※過去全データが必要なければ、過去データを分離するだけで軽くできます

つまり、使い慣れた今のExcelを、オリジナルに近い使い勝手でデータベース化することが可能なのです。

段階的な拡張が得意

プログラムによる処理とデータが分離しているため、将来新システムに乗り換える場合も、データの再利用が容易です。
同様に、機能追加する場合も、既存データが活用しやすく、「全てのエクセルシートを読み込まなくてはいけない」という事態は、原理的に回避されます。

クラウド型DBなら、初期費用ゼロ&月数千円で場所を選ばず利用可能

DB(データベース)の中でも、クラウド型DBとつなぐことで、社内/外を問わず、また本社~支社を問わず、特別な環境を用意せずに、同じシステム・データが利用できます。
また、クラウド型DBの場合、ハードウェアなどにかかる初期投資がかからないので、月額数千円の運用コストだけで高度な機能が活用できます。

Excel活用で、いいとこどりができます

Accessの限界を解決!

  • 最大でも2GBのデータ量
  • もともと複数人で共有される想定で設計されていない
  • メモリを大量に消費する
  • 原則利用者全員のライセンスが必要。買うと意外と高い(¥15,000~/人)。
  • 256列(項目)を超える管理ができない

全て解決できました!

Excelの限界を解決!

  • データの上限数が行数に依存してしまう
  • 容量が増えると、動作が遅くなる
  • 同時に複数人で編集しようにも、壊れやすい
  • リアルタイムで大勢とデータが共有できない
  • バージョンに依存する部分が多い

全て解決できました!

データベースサーバの特長

  • 1000万件以上の大容量データでも、取り扱い可能
  • データ量が増えても、高速に処理が可能
  • 同時に大勢で利用可能
  • Accessと違って、原理的にメモリを食わない
  • 導入コストが高い(数十万~数百万)

いいところだけ取り入れました!!

Excel+DBならこんなこともできます

  • データベースの知識がなくても、見た目はExcelのままデータベースを扱える
  • Excelを操作するだけで、数百万のデータから必要なものだけ抽出可能
  • ネットワークにさえつながれば、全国どこでもリアルタイムで情報を共有できる
  • 大勢の人が同じExcelシステムを触っても、動作も遅くならなければ壊れることもない
当社が著者となったExcelの入門本です
「エクセルで、データベース化は可能です!」

当社の事例から、初歩的な内容をまとめた入門本です。
Accessの開発も手がけた当社の経験を踏まえた実践的な内容です。
実際に多くの案件でデータベースを用いたシステムを納品しています。

Excel + DB 開発事例

コールセンター受付システム

コールセンター受付システムとは、商品ごとにさまざまな問い合わせが1箇所のコールセンターに集中し、電話で会話をしながら、「回答を支援」かつ「内容を記録」するためのしくみです。

対話内容の記録データがデータベース化されており、これによって100名近いオペレータが同時に利用(登録)できるようになっています。
また、「オペレータが記録する画面」、「管理者が確認する画面」それぞれで共有した後、各種レポートもDBから直接作成できるシンプルな構成となりました。

コールセンター図説