事例紹介

バーコードを使用した勤怠実績管理事例
給与計算ソフトにデータを連係

業種
利用規模
用途
解決した問題
導入目的 給与計算に必要となる正確な勤怠実績を、誰でも簡単に記録できるようにしたい
課題 手入力では、入力ミスが防げなかった
効果 社員証のスキャンだけで正確な記録を実現

このシステムの概要

バーコードを使用した、勤怠実績管理システムです。
まず、社員名簿を元に、バーコード入りの社員証を印刷します。
あとは、日々出勤・退勤の都度、バーコードリーダーで社員証をスキャンするだけで、自動的に「出勤時刻」「退勤時刻」が記録され、月末にデータを集計します。

なお、バーコードは、JAN、CODE39、QRコードなどに対応可能です。

バーコードを利用した勤怠管理システム

社員証に付けられたバーコードを読ませるだけで、勤怠登録ができます。

 運用イメージ

バーコードを利用した勤怠管理システムの運用イメージ

  1. 出退勤時、社員証のバーコードを読み取る
  2. 勤怠実績データが蓄積される
  3. 勤怠実績管理ツールによってデータを加工
  4. 給与管理ソフトへ、csv形式でデータを渡す