事例紹介

Excel+マクロに、クラウドサービスを組み合わせる一般事例 (Excel + Azure Database)

解決した問題
背景 Excelのみ、もしくはマクロ(VBA)で機能を拡張しても、できないことがある。
クラウドサービスへの乗り換えが必要だろうか?
対策 AmazonやMicrosoftのAzure等のクラウドサービスを組み合わせることで、
Excel単体ではできない事が実現可能。
留意 一般的に、クラウドサービスは月額課金のため、ランニングコストが高くなる傾向にある。
使わない時は止める、能力を下げる、といった工夫で、課金を抑える事が肝要。

Excelに足りない機能は、クラウドで補完

複数名同時利用など、Excel単体で難しい機能を、クラウドで補完

クラウドのサービスの中から、データベースやファイル共有の機能を活用することで、Excel単体で事実上困難であった複数名同時利用(入力)が、安全に実現できます。

この他、クラウドの機能を活用することで、TwitterやFacebook、GoogleAppsなどとの連携も可能になります。

 

セキュリティも確保

権限のある人のみ利用できるようにする他、様々なバックアップ~リカバリ対策も可能です。

また、処理能力が不足しても、すぐに処理能力UPができます。

 

いつでも、どこでも、スマホでも

外出先でも、社内同様に利用可能

クラウド(=ネット)につながる環境であれば、外出先でも海外でも、社内同様に利用できます。

逆に、利用環境・場所による制限も可能です。

 

スマホやタブレットでも、Excelマクロが使えます

マクロが動かないスマホやタブレットでも、クラウドを併用することで「マクロ入りエクセル」を動かすことが可能です。

※用途により、向き不向きはあります

 

初期投資額を抑えます (¥0からスタート可能)

従来百万円単位だったデータベース導入費用が、十万円単位に

データベースは、ハードウェアだけでも100万単位の投資になるだけでなく、バックアップ機器の用意などを考えると、数百万円になることが珍しくありません。

クラウドではハードウェアが存在しないので、仮想的なデータベース環境を用意するだけです。

バックアップも、設定で目的に応じた様々なバックアップが可能です。

 

導入費用=¥0も可能

通常情報システムを導入すると、初期費用(開発費用+各種準備にかかる費用など)+運用コスト(毎月かかるデータベース利用料など)がかかりますが、クラウドで小規模のシステムを構築する場合、初期費用=¥0にして、月々の利用料だけという課金方法がとれます。

この方式の最大のメリットは、何か有ったときにすぐ対応を依頼する保守サービス込みとなることで、低コストと安定運用を共存できます。

また、通常60万円以上のソフトウェア資産は、会計上資産計上が求められますが、この方式なら全額損金算入できます。

 

月末だけ能力を強化したい・・・が可能に

ハードウェアが無いということは、処理能力も設定次第ということです。

月末に処理が集中する場合、他の期間は最低料金プランに設定しておくことで、効率的な投資効果が得られます。


処理が集中する時期だけ能力を増強することで、コストを抑えられます。

 

Excel+クラウド活用10年の実績

クレッシェンドは、クラウド活用の先駆者です

2011年以来、多くのクラウド活用を積み重ねてきました。

マイクロソフトの認定資格(MCP)も取得している、クラウドのプロです。

当社では、主にマイクロソフト社のクラウドサービス「Azure(アジュール)」を使用していますが、AWSへの対応も可能です。