エクセルシステム開発専門
タイトルイメージ

将来を考える

インターンシップ

 学校の方へ

  • 特徴1 10年以上のインターンシップ実績
  • 特徴2 専用の研修カリキュラムに基づく、計画的な「体験」
  • 特徴3 これまでの参加者の、高い満足度

クレッシェンドでは、2003年より学生のインターンシッププログラムをしてきた実績があります。
テーマは、「システムエンジニア(SE)とはどのような仕事か」を伝えることにあります。

SEの仕事は、「見学」しただけでは理解することが難しく、実際に行っている仕事の一端を短期間手伝ってもらっても、長い工期のごく一部しか経験したことにならず、実際に就職してからのミスマッチに繋がりかねません。

こうしたことから、クレッシェンドではインターンシップにおいて、特別な研修カリキュラムを用意しました。

  • ブレーンストーミング入門:一種の発想技法
  • プログラム入門:プログラムがどのように動くのか、実際にサンプルを動かして体験
  • 問題解決1:集客力アップのために、ITで何ができるか提案書を作成
  • 問題解決2:課題解決+αを、ITを通じて提案
  • 問題解決3:求人企業側の立場で、どのように学生を集めるか検討することで、就職の意義を体験
  • インターン報告書作成:次年度のインターン生に向けての宣伝を兼ねて、2週間の経験の総まとめ

SEという職種自体、学生からは「よくわかりづらい」「大変そう」といったネガティブなイメージで捉えられがちですが、現場を体験しないと真の姿は見えてこないと思います。

また、見ただけではなく、実際に体験することこそがインターンシップの本来の目的であるはずです。

クレッシェンドのインターンシップは、10年かけて熟成してきた教材により、こうした問題に答えています。

過去の体験記を通じて、当社のインターンシッププログラムの内容を検討いただければ幸いです。

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.