タイトルイメージ

 利用者部門の情報化、 まるごとお手伝いします

 ExcelをUIとした 利用部門向けシステムを、要件定義から引き受けます

  • 「エクセルに見えても実はクラウド」といった運用が可能。
  • SQL Serverやクラウド(Azure、AWS)活用により、端末性能に依存しない高速動作可。
  • 「いわゆるエクセル」にありがちなセキュリティ上の課題を、根本的にクリアします。
  • 「配布したExcelファイルのバージョン管理問題」を、原理的に解決可能です。

当社は業務システムを、ExcelをUIとして開発する専門のベンダーです。

大量データの検索・更新などはDB Serverで行い、端末側では結果のみ受け取り表示するような制御方式をとることで、クライアントの性能に依存せず、また基幹系システムとシームレスなデータ共有を実現できます。

いわば、エクセルクラウドコンピューティング(Excel Cloud Computing)です。

 要件定義から お手伝いします

  • のべ1200以上事例の経験を活用し、適切な運用をアドバイスします。
  • 他所のケースを参考に、複雑怪奇な現場のルールを整理し、システムに具現化します。
  • 基幹システムとの連携を踏まえた精度の高い運用が可能です。
  • 必要に応じて現場に出向き、ニーズの背景を把握します。

のべ1200以上以上のエンドユーザ事例を持っているため、対象となる部署の業務もこれまで取り組んできた要素を組み合わせることで、たいていの説明が可能です。

こうした経験を踏まえて、業務の目的や背景といったニーズを把握しながら、要件定義から行うことが可能です。決して「言われた通りやって何が悪い」的な無責任な対応はしません。

 業務設計そのものを AsIsではなく、ToBeでお手伝いします

  • 既存の手順をそのまま置き換えるのではなく、0ベースで業務を見直すことで、最適な業務プロセスを再設計します。
  • Excelならではの、「利用者自身で拡張できる」設計を行うことで例外に強くなり、問い合わせも減らせます。
  • 複数部門統合に伴う「ツールの統合」もお任せください。

 現地作業に対応します

現地でなければ動作できない/セキュリティ上の制約で外部に持ち出せない・・・様々な理由で、現地でなければできない作業にも、対応します。

 大量データ、基幹データも扱えます

  • 小~中規模DBシステムを、短期で構築します
  • ERPデータの加工を、Excelの優れたUIで支援します

小規模であったり、短期間の臨時運用であったりする場合は、わざわざサーバを構成する時間と費用がばかになりません。

こうした時、ひとつの目安としてAccessで活用するMDB(またはAccdb)形式のファイルを、データの"入れ物"として活用します。(Accessのライセンスは不要)

もちろん、最初から1000万件クラスのデータを扱う場合は、データベースサーバとの組み合わせを前提に設計を行います。

また、全利用者がネットを使える環境であれば、クラウド型のDBを使うことで、サーバをたてずに短期間で高度な機能を利用することができます。

なお、最初にAccess(オンプレミス)で作っておき、後からクラウド型、もしくはSQL Server(オンプレミス)へ移行する拡張性を保てます。

 その他

  • Excelを使って、開発業務そのものを、支援します。
  • エクセルl+マクロ(VBA)で、DB定義の見える化など、開発業務をアシストします。
  • 上流工程における「動くモックアップ(プロトタイプ)」を通じて、ブレのない設計を支援します。
  • Excelが組み込まれたシステムの、分析・ドキュメント作成を支援します(DRAMS)。

 開発ドキュメント生成システム「DRAMS」

 Excelだけで データベースの定義ができます

Excelのファイルに定義した情報を元に、MDBを生成します(SQL Server上のテーブルも生成可能)。

逆に、現状のMDBファイルの定義情報を、Excelファイルで一覧化し、Accessだけでは見えにくい属性情報などもわかりやすく把握することができます。

 動作するプロトタイプで 仕様変更を激減できます!

完成するシステムがどのような使い勝手になるのか、正確なことは”作ってみないと分かりません。しかし、主な機能部分をプロトタイプ(モックアップ)を作ることで、早い段階で利用者に実現イメージを的確に伝えることはできます。プロトタイプを通じて早期にすれ違いを吸収することで、仕様変更を大幅に減らせます。

Excelなら、実際に近い画面イメージに加え、ボタンを押せば画面が遷移する、確認メッセージを出す等、仕様書に近い動きをするプロトタイプを、短期間で制作することができます。

こうしたプロトタイプの段階で仕様変更を吸収することで、正式開発着手後の仕様変更を大幅に変更できます。クレッシェンドは、プロトタイプ(モックアップ)制作を通じてイメージを伝えるためのノウハウを、経験を通じて数多く積み上げています。

 利用者からの依頼 Excelなら短期にできます!

「請求書のレイアウトを変更したい」
「POSデータのレイアウトが変わったので、集計できなくなった」
「現場で文言の微調整ができるシステムを作って欲しい」

エンドユーザからすれば必要不可欠なシステム化リクエストも、集まってくるシステム部門から見ると、細かすぎて多くのリクエストをお断りせざるを得ません。

そんな、従来「お断り」だったものでも、Excelを使えば意外とカンタンに実装できる場合があります。

例えば、

  • 提出先の役所ごとに、見積書の体裁を変更している
    → 数値は変えられないようにした見積書をExcelで作成し、レイアウトは手で微調整
  • 申込書の情報をデータ登録しているが、エラーが多い
    → Excelで登録票を作り、入力時にエラーチェックを行うしくみを実装
  • 新しい企画書を作る毎にデザインを変えた資料を作っている
    → テンプレートを差し替えればデザインが変更できる分析ツールを作成…

といった具合に、入出力I/F部分にExcelを活用することで、極めて柔軟な情報システムを実現できます!

Excelなら、システム部門の負担を軽減しつつ、柔軟性を高められます。また、今まで切り捨てていたリクエストも、実現できます。

 企画中のシステム、一部をExcel化しませんか?

  • 印刷帳票の種類が非常に多い
  • 印刷帳票の改訂が頻繁に入ることが見込まれる
  • 入力チェックのロジックが複雑
  • リベート計算など、ルールが複雑過ぎ、かつ頻繁に変更される

「請求書のレイアウトを変更したい」
「POSデータのレイアウトが変わったので、集計できなくなった」
「現場で文言の微調整ができるシステムを作って欲しい」

このような場合、フロントエンドや帳票作成部分にExcelを活用することで、煩雑な例外処理から解放されます。

Excelを部分的に活用することで、複雑な例外処理を切り離せます。

 Excelシステムの仕様書作成を自動化しませんか?

Excelで作ったシステムは、他の言語で作成したシステムとドキュメントの作り方が異なります。いちいち手で作成すると、作業負荷の問題だけでなく、ヒューマンエラー(人的ミス)にもつながります。

常に最新の状態を維持するために、「Excelのファイルから、設計書を生成する」発想で作られたのが、DRAMS(ドラムス)です。 月単位のレンタル(月額¥25,000~)によるご利用も可能です。

 自動生成されるドキュメントの例

 多数の利用者向けUIの実装ノウハウで、登録画面/レポートを実装します

一度に大量のデータを登録するUIは、Excelが一番使いやすいと言われています。また、レポートにメモをしたり目印に色を付けたりできるのも、Excelで作られたレポートの特権です。

こうした特性を利用し、基幹システムのデータベースから、指定された条件でデータを抜き出し、レポートを作成する実装を、短期間・低コストで実現します。

 他方式との比較

 比較表

 業務アプリケーションとしての比較

Excelとデータベースを組み合わせることで、「いいとこ取り」ができます。

比較表のサムネイル画像をクリックすると、比較表のpdfを表示することができます。

比較表サムネイル、クリックで拡大 クリックで拡大
  • エクセルは、単体で使用する場合はWebとのリアルタイム連携や、パッケージソフトとして再配布する様な使い方は苦手です。その一方で、利用者にとっての「わかりやすさ」では、他を圧倒します。しかし、入力/出力部をエクセルにして、データ部分をSQL ServerやOracleなどのデータベースで処理することで、大容量・高速が求められるシステムを、あたかもエクセルを使用しているような使い勝手で実現できます。
  • Excel + DBの場合、SQL Server、Oracle等を導入する必要はありません。その場合、Accessと互換性を保てるデータ形式で、データを管理します。
サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.