Excel最新版移行サービス

 EXCEL2019など、新しいEXCELで動くようにします

従前動作していたExcelファイル(マクロ)が、新バージョンに切り替えた途端にエラーになるケースがあります。
多くの場合、多少手直しをすることで、元通り動かせるようにできます。

 想定される症状

  • マクロ動作時にエラーが出て動かない
  • マクロで作成したエクセルファイルが開けない
  • マクロの動作がむやみに遅い
  • 印刷が、正しく表示されない
  • 並び替えがうまくいかない
  • 図形の見た目が変わった
  • 文字が欠落する

 動かない原因

  • 新しいバージョンになり機能が削除された
  • 従前から廃止が予告された機能を使っている
  • 仕様が変更となり以前の方法では正しく動作しない
  • 新たな設定が追加となり想定外の動作をしている
  • UIなどの変更により正しく動作しない

 動作保証

  • 単に診断するだけではなく、同様に動作する保証をします
  • 動作だけでなく、印刷のずれなどにも対応します
  • 納品後、1か月間の保証が付きます
お問い合わせは無料です
(匿名でもどうぞ)

 対応手順

 サンプルファイルをお送りください

実際のファイルを分析し、対応にどの程度の工数がかかるか、お見積りします。
なお、対象となるファイルに、個人情報や機密事項が含まれている場合は、あらかじめ削除しておいてください。
先にNDA(機密保持契約書)を交わすことも可能です。詳細はお問い合わせください。

 お見積り(期間・金額)をご提示します

分析結果をもとに、具体的な期間や費用について、お見積いたします。
この時、お客様自身でできる対応があれば、それについてもご呈示します。

 ご指定の環境での動作対応を図ります

Win 8 + Excel2013/Win 10 + Excel2016、2019等、ご指定の環境で動作する様、対応します。
また、当該環境での動作確認テストを行います。
実際に現場で動かさないと分からない不具合(プリンタ等、環境依存事項)が残る可能性がありますが、納品後1ヶ月間は無償にて対応致します。

 必要であれば、現場での作業を行います

社内のデータベースに接続するなど、現地でないと動作確認できないケースもあります。
そんな時、現地でセットアップして動作検証を行うことも対応します。

お問い合わせは無料です
(匿名でもどうぞ)

 進め方

 ①移行対象となるExcel資産を棚卸する

まずは、実際にお使いのファイルをお送りください。
ファイル数が数百以上ある場合は、個別にすべて対応とすると費用・時間的にも負荷が高くなるので、効率的に優先順位を付けて対応を図るために、予め棚卸をして絞り込みます。

棚卸支援ツールDRAMSイメージサムネイル

画像クリックで拡大できます。

棚卸支援ツールのご紹介

→ DRAMSの棚卸機能を紹介
→ 棚卸支援ツール単体でのご申込も可能です(¥50,000/月 ・・・ 移行サービス利用時は無償)

 ②お見積り

対象ファイルの量・複雑さに応じて、お見積りをします。
ここで、改めて要/不要の振り分けを検討して戴くことも可能です。

 ③改修

最新版で動作する様、変更を加え、新旧両環境で同様に動くことを
技術者が自分の目で確認しながらテストします。

 ④納品~品質保証

納品後に思わぬところで障害が出る可能性が残ります(環境依存要素など)。
納品後3か月間はこうした障害に対して無償で対応するので、安心です。

 予算感

ファイル(Book)数、シート数、複雑さなどにもよりますが、過去の経験から以下が目安となります。

  • 9Bookからなる一連の処理が、「デバッグ」の画面で止まる → ¥100,000~
  • マクロによって作成されたブックが開けない → ¥90,000~(規模・複雑さによります)
  • フォームのカレンダーを表示しようとするとエラーが出て動かない → ¥120,000
お問い合わせは無料です
(匿名でもどうぞ)
サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.