事例紹介

※画像クリックで前のページに戻ります。


 増えすぎたExcelファイルを、効率管理


 担当者自身にもわからない、複雑な業務を効率化

A社の人事部は、給与・賞与の計算の他、異動の管理などを、歴代の担当者が作り上げたエクセルのツールで行っています。
業務の大半をこうしたツールで行うほど高度な使い方をしている一方、他人の作ったツールは別の人には直せないといった問題も増えてきました。
このまま増え続けると、修正できないツールが山積みとなってしまいます。

 蓄積された社内ツールを、保守できるようドキュメント化


 機密情報を含む社内ツールを、現地でスタッフと共同で作業

M社は金融資産の管理を行う会社で、各種金融商品の管理をするためのツールが、社内スタッフや派遣社員によって数多く作られてきました。
社内で利用するエクセルのバージョンが2003から2010に変更になるタイミングで、動作しないツールが続出した結果、大幅な修正が必要になりましたが、既に辞めたスタッフも多く、内部の詳細まで把握できません。

 レイアウト自由自在の簡易パンフレット制作システム


 可変要素の自動差込からレイアウトチェックの業務フローまで

【金融機関】

A社は自社商品の販売用パンフレットを数百種類扱っています。
これらは、金利の変動などを正確に反映させる必要があることから、いずれも監督省庁等の認可が必要になるため、自由に作ることはできません。
これまでは、毎月2回、パンフレットの金利部分を変更する等の作業で、多くの人が毎日残業を余儀なくされるなど、現場では疲弊感が漂っていました。

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.