エクセルシステム開発専門

 納期自動算出&最適な仕事分配

 人の生産性を考慮し納期を自動算出・管理ツールも充実

 背景

コンテンツ制作を手がけるC社では、クライアントからの引き合いに対して、納期の確認をする手間暇がかかることから納期回答が遅れがちとなり、失注が増え始めていました。

現状抱えている案件を今在籍している社員でこなした場合にあと何日後に全て終わるかという計算を都度都度手で行っていましたが、実際には工程毎に担当できる要員が決まっており、また特急対応などの割り込みが多いこともあって、回答した納期が守られることも少なくなって来ていました。

納期自動算出&最適な仕事分配

(画像内の画面イメージをクリックすると、詳細画像にスクロール移動します)

 特長1. 人の生産性を考慮した、最適な工程管理がプロジェクトの登録だけで出来る

制作工程ごとに、大まかなタスク量を登録。そのタクスを実行できる人で空いている人からアサインしたと仮定して、見積もったタスクを消化するのに必要な日数+のりしろ(事前設定)で納期を算出。

※消化に必要な日数は、監督者が作業者の作業効率をみて事前登録。評価用レポートも自動作成します。

 特長2. 作業の進捗を、目で見てわかる「集計表」機能が充実

全体進捗表、制作報告書、出荷予定表、etc...
データの集計方法によって、自社のスタイルに合わせた帳票の出力が可能。
Excelならではの自由なレイアウトが提供できます。

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.