エクセルシステム開発専門

 工程管理(プロジェクト管理)システム

 手生成のExcelをベースに 本格的な工程(プロジェクト)管理

 課題

A社は、各種投資事業等を手掛けるベンチャー企業です。年間10以上の新規事業を開発し、時代にマッチした事業を探りながら最適な投資を探っています。

こうした新規事業開発は、わずか10名弱のスタッフがチームを組んで進められており、各チームのプロジェクト管理にプロジェクト管理用のパッケージソフトを使う方向で検討を始めました。

 プロジェクト管理ソフト運用における懸念材料

B社でプロジェクト管理ソフトの導入検討を行った結果、「コストがかかる割に、見合った結果が得られない」でした。その理由は、

  • 使う人に高度なプロマネの知識が必要
  • 1つあたりの価格が高く、全員分そろえると100万円を超えてしまう(予算上限:100万)
  • 書き込みたい箇所に書き込めないなど、日頃使っているOffice系ソフトとの違和感がある
といったものでした。

 Excel手運用+マクロでの自動化

結局B社では、これまで手で管理していたExcel運用の延長で、「転記に時間がかかるなど作業効率が悪い箇所の自動化」「ガントチャート等、瞬時に視覚的に確認ができる機能を追加」「前後関係をPERT図イメージで表現(様式指定)」を実現することになりました。

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.