お手軽 集計ツール

 利用者自身で様々な応用が可能なデータ集計ツール

たとえば、あるコンサルティング会社では、クライアント企業で集めた調査結果をいくつかの視点で集計し、その内容についてのコメントをつけたレポートを納品しています。

従来は、ピボットテーブルやパッケージソフトを使って集計を行っていましたが、手作業の割合が高く、また決まりきった様式でしか表現ができないため、最終的にはデータを別のExcelファイルに転記して、オリジナルレポートを作成していました。

Excelでデータ集計ツールを作れば、最終アウトプットの簡単な体裁変更程度であれば、プログラムの知識がゼロでもExcelの初歩的な知識があれば、誰でも対応できます。

また、別の企業のマーケティング部門では、売上データから店ごとの売れ筋情報等を分析し、他のチェーン店に参考資料として配布しています。

これはその時々によって分析の軸が異なりますが、高度な機能を持ったパッケージソフトは手に余るため、従来は手でひとつひとつ集計しなおして配布物を作成していました。

Excelで集計ツールを作れば、縦軸・横軸を動的に選択した上で、どの範囲のデータを集計するか等の条件指定もできるため、「自分仕様の使い勝手」を実現できます。

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.