パワーポイント資料の自動生成

 集計データの自動グラフ化+パワーポイント資料作成

 導入前

従来、顧客から預かった集計データを基に、見やすいようにグラフ化等を行い、最終的には報告書としてパワーポイント(Microsoft PowerPoint)に手作業で貼り付けていました。

 導入の経緯

一度に作成する量が膨大になってきたことと、作業ミス撲滅の観点から、自動化の方法を模索していましたがうまい方法が見つからず、たまたまHPで見つけたExcel専門という文言を見てお問い合わせいただきました。

作業の特殊性などを考慮し、全てを自動的に作ってしまうのではなく、一度集計後のファイルを作成し、この内容を手作業で加工できる要素をあえて残すことで、最終的なパワポ資料のメリハリが付けられるようなシステムを提案し、その方向で開発することになりました。

 開発したシステムの概要

パワポ(PowerPoint)資料の元になる表・グラフをエクセル(Excel)で集計し、必要に応じてコメントを入力しながら最終的にはパワポに変換して"清書"します。

  • 集計もとデータ(ローデータ)を指定フォルダに入れ、集計処理を行う。
  • この時、マスタから取得が必要なデータや、去年から変更になった要素を変換する。
  • 集計後、いったんエクセルファイルとして作成する。
  • エクセルファイルに直接コメント・アドバイスを記入したり、グラフの特長を目立たせる等の加工を手作業で行う。
  • 最終チェックが終わったら、まとめてパワポ(パワーポイント)ファイルとして一括生成する。
  • その際、見出しのテキストボックスに文字が入りきらない場合、フォントを小さくして表示できるような調整を行う。
サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.