エクセルシステム開発専門

 教室運営管理+ガントチャート生成システム

 ガントチャートやPERT図をエクセルシートで生成

 導入の経緯

料理教室を中心に業務を急拡大しているA社では、各種新規プロジェクトが目白押しで、すでに人間が管理する限界を超えようとしていました。1週間~2ヶ月程度の小さなプロジェクトが複数同時に稼動していましたが、管理が俗人的で、遅延等がうまく把握できない状態になりかけていました。

プロジェクトは増える一方なので、ここままでは業務が破綻しかねない状況に追い込まれていました。
市販のプロジェクト管理ソフトも試してみましたが、自分たちが管理したい内容とはかけ離れており、多少コストをかけてでも専用ツールでの管理を作りたいとの判断につながりました。

利用者は必ずしもプロジェクト管理に長けている訳ではないので、ガントチャートにクリティカルパスを表示しつつ、イナズマ線で遅れ/前倒しが一覧できるようにしたいというのが、一番の目標です。

 開発したシステムの概要

(1)まずは、プロジェクトの各要素(タスク・構成員・開始日・工数・・・)を登録します。

このとき、4つまでの階層で上下関係を表せるようにしてあります。すなわち、通常のタスクはレベル4として定義しますが、まとまった括りで「レベル3」を定義すると、大項目だけでおおまかなプロジェクトの流れを把握することができます。
このように、詳細な単位から大まかな単位での管理までできるようにしてあります。

(2)メニューからガントチャートやPERT図の表示を指示します。

ガントチャートやPERT図の色等は、自由に設定できるようにしてあります。

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.