Excelマクロでシステム開発|今すぐできる業務改善方法

 Excelマクロ+データベース・クラウドで、オーダーメイドシステムを構築

 Excelで、本格的なシステムを実現。

  • 政府・金融機関など、信用重視のシステムの実現
  • 身近なツールから、基幹システムまで幅広く対応
  • セキュリティ(可用性・完全性・機密性)も確保

 20年で1500以上の納入実績。

  • 誰よりも、利用者の立場を理解できます
  • 様々な業種・業態で、多くの事例を保有
  • 予算に応じた段階的な開発が可能
  • 要件定義(システム化範囲のとりまとめ)から、代行

 式や関数だけではできないことを、マクロで実現

  • 商品や部署が変わっても、式の変更は不要
  • 式のリンク切れを、原理的に解消
  • 複雑なルールや処理にも、対応可能

 Excelなのに、Accessよりも高速・大容量

  • 多人数同時利用が可能
  • 1000万件以上のデータの取り扱いが可能
  • 数万件から瞬時に検索
  • ファイルの壊れやすさを、原理的に解消

 開発は、全て社内(海外や外注に出しません)

  • 開発は、設計から開発に至るまで、全て社内のエンジニアが行います
  • 安易に外注に出したり、海外企業へ委託することはしません
  • こうして、機密情報が知らぬ間に外部に漏れるリスクを原理的に低減させています。

競合に勝つ「戦略システム」が得意な理由

 マクロを使ったシステム化と、業務そのものの再定義によるコンサルティングで、以下のような課題を解決します

  • Excelを多人数で共有したい
  • Excelで作ったツールを、外出先からでも使いたい
  • 大量データを、できれば使い慣れたExcelで処理したい
  • 複数のExcelシートに、何度も入力・転記する無駄をどうにかしたい
  • シート関数やリンクで作ったしくみに、管理の限界が来ている
  • マクロも少しは書けるのだが、これ以上難しいことは分からない
  • パッケージソフトを導入したが、転記しなければならない
  • パッケージソフトの使い勝手が悪すぎる。部分的な機能追加をしたい
  • 開発者がいなくなったため、引き継いで修正できる人がいない
  • 派遣社員を依頼しているが、ノウハウが定着しない
  • ExcelをSQL Server等(Azure、AWS…)と連携したい
  • クラウドサービスと、Excelを連動させたい
  • マクロで、信頼性・保守性・可用性の高いシステムにしたい
  • AccessやPowerPoint(パワポ)等、他のOffice製品とも連携させたい

 Excel本来の機能をフル活用しつつ、DBやクラウドなど他の技術を高度に活用

仮に工程管理を手作業でやるよう言われたら、たいていはExcelで進捗一覧などの管理シートを作るところから始めます。
あるいは、Excelのシートに記入している勤怠表や売上報告資料を、従来通りの運用ルールで集計までできれば、これほど便利なことはありません。
精緻な計画を基に、マクロで強化されたExcelシステムなら、業務を大きく変えずに自動化できるため、教育訓練をせずとも定着しやすいシステムが開発可能です。

 海外版Excel、古いバージョンにも対応

海外版(OS,Excelとも)や、古いバージョンのExcelにも対応します。
これまでに、中国、タイ、インドネシア、ロシア、韓国、台湾、アメリカで動作する版の作成依頼に応じてきました。
また、97、2000、2002、2003、2007、2010のような古いバージョンのExcelへの対応も多数の実績があります。
こうした古い開発・動作検証環境を保持している点は、「Excel一筋2001年~」の実績を持つ当社ならではの特長です。



 運用ルールや、標準化策定もお手伝いします

現場の業務にかかわっている担当者が、様々な創意工夫を反映できるのもExcelの魅力ですが、放っておくとファイル数が増加し、どれがオリジナル(マスタ)かわからないような状態になりかねません。また、せっかく作った設定を壊してしまったり、正しいと思っていた結果が間違っていたりすることも少なくありません。
当社ではこれまでに培ったノウハウから、Excelを使ったシステムの効率的な運用ができるコンサルティングサービスをご提供しています。新しく何かを作らなくても、業務効率を飛躍的に向上させることが可能です。

 政府機関・金融機関などの実績を通じた信頼性

間違いが許されない厳格なシステムとして、Excelを扱える業者は多くありません。
1円の誤差も許されない金融機関や、製造ラインを止めることが許されない生産管理システム、人の命に係わるシステムなど、一般にはExcelでは難しいと考えられるしくみを、使い勝手のよいExcelで実現してきました。
Excelならではのシンプルなシステムから、高い信頼性が求められるシステムまで、多くの制作実績があります。

引継ぎ支援(ドキュメント化・再構築)

 既存Excelマクロを、わかりやすくドキュメント化

長年に渡って拡張を続けてきたExcelファイルは、作った本人でさえその構造の把握が難しくなってきます。
このため、ちょっとした修正でも担当者属人的になっていたり、他の機能に思わぬ影響が出る不具合につながるケースが少なくありません。
これを、全体俯瞰的なドキュメント(設計資料)として整備することで、以降の保守(修正等)が格段にやりやすく、安全に行えるようになります。
なお、場合によっては、「マクロの自動記録の痕跡が大量」のようなケースでは、作り直した方がコスト・期間的に有利な場合もあります。

 引き継ぎ支援

担当者がいなくなったため使い方が分からない、直し方が分からない、という理由で、折角の効率化ツールが朽ち果てていませんか?
当社なら、単にドキュメントを作るだけで無く、直し方のレクチャーも含めて、自律的な運用を確立したいというご依頼にお応えできます。

 新システム化へ向けてのマイグレーション(Migration)

元々業務担当者の創意工夫で運用してきたExcelファイルの仕組みを、社内の新システムで取り込む場合など、現状のExcel機能がどうなっているかを正確に把握する必要があります。
当社なら、短時間に大量のBookを分析し、目的(基幹システム方針)に合わせた表現によるドキュメントを作成することが可能です。

EUC(End User Computing)支援・コンサルティング

 利用者(エンドユーザー)自身による、現場の情報化(コンピューティング)・生産性向上を支援します。

セキュリティなどのEUC(エンド ユーザー コンピューティング)・EUD(End User Development)
ならではの課題をクリアしつつ、専門家ではない現場の人たちで運用できる平易なルールを定め、
中長期的に安定した成果を出し続けられる環境を整えます。
また、内部統制の基準に準拠しつつも、自由度の確保との両立を図ることで、業務効率を改善します。

 EUC・EUDならではの課題解決を、サポートします。

EUCでありがちな以下のようなテーマについて、助言・改訂案提示・具体策導入支援を行っています。

  • ファイルが増えすぎて、どのファイルに更新してよいかわからない
  • 担当者がいなくなってしまうと、修正することもできない
  • 作成者ごとに独自のツールを作っているため、互換性がない
  • 情報システム部門から、セキュリティの低下について懸念された
  • 処理結果への保証ができる自信がない
  • せっかく作ったツールが属人化しており、当事者以外活用できていない

こうした課題は「仕方がない」事ではなく、解決可能です。
私たちは多くの解決事例を持っています。

 基幹系システムとの共存を図ります

多くの情報システム部門にとっては、利用者が勝手に進める情報化は、セキュリティや標準化を乱す元凶と映りがちです。
とはいえ、増える一方の複雑な情報化要求に対して、幅広くニーズに応えきれないのも現状です。
要は、情報システム部門の統制の下、自律的に情報化要求を消化できるEUC・EUDであれば、情報システム部門、あるいは情シス部門が担う基幹系システムにとっても、合理的なことが多いのです。
机上の空論ではなく、実際に手掛けた経験を踏まえて、両者の共存・共栄を実現します。

Excelの技術的課題解決依頼への対応

 貴社ならではの個別課題に応じた「高度なヘルプデスク」のご依頼に対応します。

中長期に渡って継続的に貴社に滞在し、言葉で表現しにくいニーズを自発的に発見、対処します。
例:週1回4h滞在し、省力化できそうな事から順次ツール化。使い方のトレーニングも実施。

 Excelを使った業務改善そのものをバックアップします。

「使い方がわからない」「急ぎの作業がある」「マクロの使い方が分からない」・・・といった場合、直ぐに対応方法を提示、もしくは代行します。

お問い合わせ

マイクロソフトゴールドパートナーロゴ

当社はExcelのマクロでシステム開発を行うベンダーです。Excelで完結する帳票から、データベース利用の大規模システムまで1500以上の実績があり、マイクロソフト社の公認パートナー企業にも認定されています。
マイクロソフトパートナー確証

お問い合わせは、匿名でも可能です。依頼内容が漠然としていても構いません(取りまとめます)ので、お気軽にお問い合わせください。

匿名・無料相談…

ソリューション

サイトマップ

ロゴ、その他のサービス名、製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Copyright© Crescendo Inc. All rights reserved.